お店の開店やキャンペーンそしてセールなどのお知らせには宣伝活動がいりますが、昔からある原始的な方法としてビラやチラシを配るものがあります。最近ではビラやチラシよりも紙の質がいいフライヤーが人気で、このフライヤーを作るときには印刷業者に依頼するのが当たり前になっています。インターネットにはフライヤー印刷をする業者が載っていますので、まずは業績の高い信頼性のある業者選びをすることが大事になるようです。インターネットでは口コミサイトがありますので、まずは口コミサイトで評判のいい業者をいくつか見つけてみるといいでしょう。そこからフライヤー印刷にかかる費用や内容などを比較することで、よりお得で綺麗な仕上がりのフライヤーを作る業者を探すことができるはずです。このフライヤー次第でお店の印象が変わるほどです。

写真やメッセージが印刷されたオリジナルお菓子

結婚式のプチギフトで最近よく見るのが、カラー写真やメッセージが印刷された、オリジナルのお菓子です。それもラベルやパッケージではなく、お菓子そのものに食用インクでプリントしてあります。せんべいやクッキーと言った焼き菓子だけでなく、ケーキに写真がプリントされていることもあります。食用インクで食べ物に印刷できるプリンターも販売されているので、今や食品プリントは珍しいことではないです。しかしプリンターを購入しなくても、ネット通販を利用することで容易に食品プリントができます。特に、プチギフトを扱うショップの利用がおすすめです。ネットで申し込みをした後、データを送信すれば業者が印刷をしてくれます。結婚式はもちろん、グループ内で配る記念品や、友人知人へのちょっとしたお礼などにも、オリジナルプリントのお菓子はおすすめです。

今はさまざまな印刷が自分で手軽にできる時代です。

一昔前は、町内会のお知らせ、学校のPTA会合のお知らせ、回覧板、表彰状等は専門の業者さんに依頼しなければなりませんでした。専門業者でなくても、ちょっとした印刷機がないと自分ではできない時代でした。しかし今は全く違います。一家に一台はあるというパソコン、それに付随してのプリンターのお蔭で何から何まで自分で印刷できる時代になってきました。しかもプリンターの高性能化により、カラーはもちろん、長い横断幕を作ることも可能になってきました。しかもコードレスでもパソコンからプリンター、スマートフォンからプリンターへと簡単に電波を送り印刷をすることも可能な時代です。ガリ版刷りなどと言った昔が信じられないくらいです。また、自分でスマートフォンで撮った画像を業者さんに送ればすぐに写真ができあがっているということも大変な驚きです。一体どこまで発達するのか楽しみでなりません。

0 Responses to 綺麗な印刷でお店のフライヤー

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です