印刷をネットで頼める時代

会社の会議で使う書類や、新入社員への研修の資料など、会社に勤めていると様々な場面で印刷物を目にします。以前までは、自分たちの会社で印刷機に通してしていたのが主流でした。しかし、今では便利なもので、ネットで頼めるようになった時代です。ワードで文章を送り、それを何枚作ってほしいかを決めて頼むと、印刷を完了してくれます。さらに会社に持ってきてくれるので、自分たちで用意する手間がとても省けます。手間が省けた分、他の仕事がはかどりますよね。残業せずに家に帰るためにも、こういうところで時間の節約をするのは素敵な提案だと考えられます。どうしても他人に見られたくないものは自分たちでやればいいのですから、時と場合によって判断が必要です。情報を流されることは絶対にありませんが、そうは言っても大切なデータなどは保存するなどしてとっておきたいですね。

印刷とデザインの関係について

インターネットの普及によって様々な情報が簡単に瞬時に手に入るようになりました。これらで得られた情報をベースにして個人でも会社でも昔に比べ簡単に独自の情報をウエブや本で発信することが出来るようになりました。書籍は人目に付くために、工夫されたデザインのものが並んでいます。今後の書籍等は表紙のデザインの良し悪しが売れ行きに関係すると考えられます。印刷物は年と共にすごい勢いで増え続けています。最近はコンビニ等にフリーペーパーがたくさん並んでいます。数多くの印刷物の中から目的のものを見つけ出すには目に留まるデザインのものが有利です。感じのいいデザインでシンプルなものが良いと考えられます。デザインと印刷の良い関係で優れた物の出現が楽しみです。大学でもデザイン学の講座が増えるべきです。優れたデザインは社会を楽しくするものです。今後のデザイン発展を期待します。

印刷に関しては用紙の大きさの指定

会社において印刷をするときは大体用紙が決まっています。A4が多くその他にはB5サイズなどのこともあります。できるだけ統一をしておけば管理もしやすくなるので良いとされます。しかしそれ以外の用紙で出力したほうが良いこともあります。用紙サイズにはもっと大きなサイズもあれば小さなサイズもあります。名刺などならかなり小さいサイズになりますし、ハガキは特殊なサイズです。インターネット上で依頼をするときにはどのようにするかですが用紙サイズを指定する必要があります。一般的なサイズであればそれほどコストはかかりません。特殊なサイズになると在庫などが無いために別途費用がかかることがあります。白の紙であればたくさんありますが、カラー用紙になるとあまり在庫がなければこの時も別途費用がかかります。ベストの大きさで指定する必要があります。

0 Responses to 印刷をネットで頼める時代

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です